優柔不断な私の2016年の手帳選び。候補に残っているのは、ほぼ日手帳、ジブン手帳、マンダラ手帳!それぞれのいいところ、不安なところ。

人気記事TOP5

今年も残り20日を切りましたね。この時期になると「1年って早いよね〜」っていう言葉をよく耳にします。この言葉って不思議ですよね。毎年12月くらいになるとたくさんの人たちが同じような言葉を言って、バタバタする毎日を送る。毎年年末にバタバタするのわかってるんだから、前もって分散しておけばいいのに。

と、思いながらも、結局のところ私も毎年バタバタしています。この時期になると仕事もそうですが、忘年会ばかりで体調管理もとても大切になってきますよね。30を過ぎると飲み会が続くと本当に体調が悪くなっちゃうので、体のメンテナンスも必要ですね。

さて、最近年末の最大のイベント、「クリスマス」や「年末年始」のイベントに向けて、様々なショップがキャンペーンやセールを打ち出していますが、その中で「手帳」に関する話題もたくさん目にするようになりました。

ビジネスマン向けの書籍でも「手帳特集」というのをたびたび目にします。デジタル全盛期の時代でもやっぱり紙の手帳のニーズはあるんですよね。知り合いから聞いたのですが、デジタルでスケジュール管理をする人はやっぱり増えたけど、紙の手帳がさらに売れるようになったそうです。

どれくらいの売り上げが上がっているのかは数字ベースではわかりませんが、いろいろな雑誌で紹介されるということはそれなりに売り上げが上がっているということでしょうか。

私も昨年くらいから手帳に毎日いろいろなことを書いていますが、そろそろ新しい手帳を購入しようかと思っています。2016年はどの手帳にするかを迷っているので、いま3つほどピックアップしているので、私にとって最適なものを選ぶために、比較してみたいと思います。

Sponsored Links

2016年の手帳選び。候補は3つ!

ジブン手帳・ほぼ日手帳・マンダラ手帳

現在来年使う手帳で候補に残っているのは、ジブン手帳、ほぼ日手帳、マンダラ手帳です。今使っているのはほぼ日手帳ですが、半年くらい前にはジブン手帳を使っていました。

そして現在気になっているのはマンダラ手帳です。

これまで使っていたジブン手帳とほぼ日手帳、そしてマンダラ手帳について、使ってみた感想とか、ちょっとここがなぁという点をまとめてみました。

ジブン手帳

contents_01_main

このブログでもたびたび紹介したジブン手帳。今めちゃくちゃ売れているみたいで、ランキングでもトップクラスの順位なんですよね。一時期使っていたので、やっぱり売れてるか〜という感じです。

過去記事:ジブン手帳を使い始めて一カ月。自分なりの手帳の使い方。

ここ数年手帳は書かなかったのですが、ジブン手帳を使いたいがために、手帳を書くのを再開したというくらい、最初は愛用していました。現在は残念ながらジブン手帳は使ってはいませんが・・

ジブン手帳の良かったところ

ジブン手帳のいいところは、痒いところに手が届くというところかなぁと思ってます。旅行に行ったところや、家族構成、年次ごとのイベントを書き込むことができるLIFEと、いわゆるスケジュール帳のDIARY。そしてメモやアイデアを書くIDEAの3つから構成される手帳。

結構LIFEに過去の自分のイベントを書くことが楽しかったんですよね。そういえば○○歳の時は、あんなイベントがあったなぁ〜なんて、過去の自分を振り返るにはとてもいい感じでした。

DIARYもこだわりがすごくて面白かったんですよね。きちんと1日3食食べたものを書くところや、天気を書くスペースがあったりと、読んだ本とか、プレゼントリスト(誰に何をもらったかなど)を書くところもディティールにすごく拘りがあって、とても良かったですね。

自分には合わなかったところ

ジブン手帳を書くようになってから、1日の振り返りをきちんと書くようになっていったら、なんだかスペースに物足りなさを感じてきたんですよね。1日の振り返りのスペースが欲しくなっちゃって、最初はIDEAを日記帳にしていたんですけど、それでも物足りなくなって、そこで買い替えを検討するようになりました。

1日の振り返りをするためには、もっとスペースが必要になったんですよね。それが決め手となって、ジブン手帳を卒業して、デイリーのスペースが多い、ほぼ日手帳に買い替えてしまいました。

また機会があればジブン手帳は使ってみたいな〜と思ってます。

ほぼ日手帳

img_01

現在使っているのはほぼ日手帳。A5サイズのカズンというものを使っています。1日の書くスペースが多い多い。結構このスペースには満足しています。結構1日の振り返りとか書くと、たくさん書いちゃうんですよね。

あの時、こういう対応すれば良かったとか、明日のイベントはああだから、あらかじめこうやって段取りをしようとか、結構細かく書くようにしています。

ほぼ日手帳のいいところ

ほぼ日手帳のいいところとしては、やっぱり1日一ページあること。ジブン手帳に満足行かなくなった理由が、日記スペースが細かすぎたからだったので、ほぼ日手帳カズンはサイズ的にもスペース的にもとても満足しています。

空いたスペースに落書きみたいな絵を書いてみるのも楽しい。ほぼ日のヘビーユーザーほど凝った使い方はできてはいませんが、それなりにいい感じで使えています。

デイリー、ウイークリー、マンスリーの3つのページがあるのも嬉しいですね。

ちょっとなぁ・・・と思うところ。

ほぼほぼ不満はないのですが、最近思ってきたのは、ただの日記帳になっているので、目標設定とかのテンプレートとかがあったらさらに活用できるかな〜なんて思っています。フランクリンプランナーの要素を入れたりするのも楽しいだろうな〜と思いつつ。

自分でそういうテンプレートを作って運用していけばいいのかもしれませんが、それを書くとなると、入力のテーマを書くのに手間がかかってしまって本末転倒な感じになってしまいそうな気がして・・

それも含めて自由度の高いのがほぼ日の売りなわけですが・・・結局私は使いこなせてない?ほぼ日ユーザーさんから怒れらそうですね。

マンダラ手帳

nakami02

今私の中でめちゃくちゃホットで気になりすぎている手帳がマンダラ手帳。手帳を開くと独特なレイアウトになっているのがわかると思います。このマンダラ手帳というのは、中心核を持った3×3の9マスが一番の特徴的なメソッド?です。

例えば、中心核となるところに目標を書いて、その目標を達成するための要素を3×3のマスに書き込みます。人生の計画とか、ビジネスの計画とかを全体を俯瞰して分析することができるということもできるようです。結構興味のあるテーマなので、ただいまマンダラという考え方を絶賛勉強中です。

良さげと思うところ。

お店に行って実際に手にとって見てみましたが、結構使いやすそうなんじゃないかと思いました。特に週単位の目標設定と振り返りがしやすいんじゃないかと思いました。

マンダラ

1週間の予定の中心部に今週の目標や役割を入力ができて、達成度などもチェックすることができる。そして、今週の評価・感想・対策なども書くことができるようになっています。いろいろな手帳にもToDoはありますが、こういうテンプレートも使いやすそうですよね。毎日手帳を見ながら、振り返りをする。

手帳に目標書いて、進捗確認して、うまくいかなかったところを次にどうするのか?

このようなものがあらかじめテンプレートとして用意されていると目標設定とかやりやすいかもですね。

ここがちょいとなぁ・・というところ

結構細かいところなんですけど、紙質があんまり好きくないんですよね。細かいというか、紙質ってそんなに大事?って思われるかもですが、結構私は気にしちゃうんですよね。その点ジブン手帳も、ほぼ日もとても描きやすいし、おしゃれな感じがするんですよね。しかし、マンダラ手帳はそこがなんだか・・・ださい。

使っていればそのうち慣れるかもしれなんですけど、なんだかなぁ・・・と思ってます。

あと1日1ページじゃないので、たくさん書きたい時に困るかも・・・

値段も結構お高め・・

結果決めたのは・・・?

まだ決められてません!

ここまで書いてまだ決められていないってどういうことやねん?!というご意見もあるかもしれませんが、優柔不断な私はなかなか決められないんです。毎日使うものだから慎重に選びたいし・・・とりあえずはもう少し悩んで、今回悩んでるこの3つから選ぶということは決めました。

ほぼ日手帳になるのか、ジブン手帳になるのか、そして不満もありつつも興味度合いが高いマンダラ手帳になるのか。

もう少しで今年も終わるので、早めに決めないといけませんね。この数週間の間に何度お店に行って手にとって見てしまうのだろうか。

*
*
* (公開されません)

人気記事一覧