古いiPhoneからmacに画像データ(アルバム)を移行する方法。Synciosを使えば簡単にできました。

人気記事TOP5

今使っているiPhoneもすでに4台目。一番最初はiPhone3GSからスタートして、そのあとに4sになって5sになって、そして現在はiPhone6を使っています。iPhoneを使うまでは全くmacとか興味がなかったのに、使い始めてからはipadを購入したり(初代iPadは売っぱらって現在は初代iPad miniを使用)してさらにmac book airまで使ってます。

スティーブジョブズの虜に一時期なったこともあります(笑)結構ジョブズの本とか読み漁ったような気がします。

さてさて、今回は古いiPhoneからmacにカメラの画像を移行する方法についてご紹介したいと思います。というのも実際に先ほどすごく悩んで調べまくったので、その手順を紹介したいと思います。

ちなみにですが、通常のカメラロールの画像データは、macとiPhoneを接続してすぐにバックアップすることができました。しかし、過去に作成したアルバムはなぜかmacに移行することができませんでした。あらゆる方法を試しましたが、どうしてもmac側から古いiPhoneの画像フォルダを参照することができませんでした。

内容を整理するとこのようになります。

  • 目的:古いiPhoneに格納されている画像データ(アルバム)をmacに移行したい。
  • 悩み:カメラロールは移行ができるがアルバムはできない。

ということで実際にどのような手順で移行ができたかを紹介したいと思います。

Sponsored Links

古いiPhoneからmacに画像データを移行する方法

無料ツール「Syncios」をインストールして簡単移行

色々と調べてみたのですが、Synciosという無料(一部有料?)を使うのが一番早いみたいですね。Yahoo!知恵袋に「iPhoneの写真アルバムのPCへの取り込み方法」という質問がアップがされており、これに書いてある通りに実践してみたら、サクッとできちゃいました。まずはダウンロードしましょう。ダウンロードはこちらから「Synciosダウンロード画面

ダウンロードしてファイルを開くと、以下のような画面になると思います。

1

そしたら赤い枠線のところ(お使いの携帯電話をバックアップ)をクリック。

簡単操作でバックアップがスタート

本当にやり方は簡単です。上記のお使いのの携帯電話バックアップをクリックすると、以下の画面になります。任意の場所(今回は画像にチェック)にチェックし、コピー開始をクリック。

2

するとバックアップが始まります。
3

バックアップファイルは作業ディレクトリに!

ここまできたらあとはバックアップデータを移行するだけで完了です。バックアップデータは作業ディレクトリに格納されているので、そちらのファイルを選択しコピーして写真ファイルにコピペするだけで移行は完了です。

4

以上でデータの移行作業は完了です。本当に簡単でしたね。やり方はわからず30分くらい調べてみましたが、その調べる時間の方が大変でしたね。あるサイトにはiPhoneとmacをつないだだけでデータ移行ができるってありましたけど、アルバムまでは移行する方法は紹介されていなかったので、なかなか苦戦しました。

まとめ

やり方を調べるのにはすごく時間がかかりましたが、移行作業自体は簡単にできたので、とても良かったです。これで過去の写真データを新しいiPhoneに移行することができました。もし同じようにiPhoneからmacにアルバムデータを移行ができなかった方は一度試してみてはいかがでしょうか。

 

 

 

コメント0

*
*
* (公開されません)

人気記事一覧