人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

雑記

普通の人生って何かわからなくなって来ている現代社会。せめて自分が満足する生き方をしよう。

更新日:

「グズグズ癖と手を切る200のアイデア」という本を読みました。

なんで思ったことを実現できないのか?

やろうと思っていても、先延ばししてしまう。

こんなこと思ったことはありませんか?

私もいつも計画を立てるんだけど、最後まで計画通りに進まないことがあります。

  1. 今日は疲れているから。
  2. 明日から頑張ろう。
  3. この作業って本当に役に立つのかな。
  4. 誰かにリズムを狂わされた。

言い訳は何個も思い浮かんでしまいます。

人間は楽を求めてしまう生き物!?

まだ大丈夫と思い、溜め込んでしまうと、結局締め切り間際にばたばたしてしまう。

この悪循環は本当に改善していかなければいけないと思った矢先にこの書籍と出会いました。

これまでハウツー本はたくさん読んできたのですが、正直に面白いと思いました。

中でも頭の中に残ったことは、

  1. 人生で欲しいものを100個書き出そう
  2. 子供のころからの夢を思い出そう
  3. 静かなる絶望した人生とは何かを定義する
  4. 他人の評価基準で行動しない。
  5. 他人とは無意味な比較はやめる。

もっともなことかもしれませんが、子供のころからの夢を思い出すとか、静かなる絶望した人生とは何か?について、考えたことはなかったなぁと思いました。

静かなる絶望した人生を経験したくない・・・

静かなる絶望した人生という内容が書いてありました。

その静かなる絶望した人生とは本にはこのように書いてあります。

7時きっかりに起きて、朝食を食べ、スーツを着て、いつもの時間に通勤電車に揺られ、8時30分にきっかりに出社。
午前は大した議題もない定例会議に出席。
ランチは食堂で定食を食べ、午後はいつもどおり仕事を片付け、17:30きっかりに退社。

19時には家につき、缶ビールを飲み、いつもの連続ドラマを見ているうちに眠くなり、24時に床につく。

特にわくわくするわけではなく、特に問題もない人生。

正直こんな人生を歩みたくないと思いました。

すでにこのような生活を歩んでいる方もいらっしゃるかもしれませんが、私はもっと刺激溢れる充実した人生を歩んでみたいと思いました。

そうしたとき、現在の自分は理想にどのように近づけていくか?

そういった内容が、この書籍には掲載されています。

無理なく目標を達成していくために、グズグズしている時間はありません。

有効な時間を過ごすために、今何をすべきか。

そんなことを考えさせられた書籍でした。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-雑記
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.