人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

住宅選び

賃貸物件探しは妥協も必要!許容できる妥協なのか?を考えることがもっとも重要です。

更新日:

9月に引っ越しをしました。現在の住まいは駅から少し遠いですが、とても満足しています。

新築マンションだし、周りは閑静な住宅街。コンビニまでは100m以内だし、200mも歩けばスーパーだってある。

近所に病院もいくつかあるので風邪ひいたときなんかもすぐに病院に駆け込むことができます。

我ながらとてもいいところに住むことができたと思ってます。

しかし、この物件を探すまではとても大変でした。引っ越しをしようと決めたのは8月だったのですが、そこから怒涛の物件探し。毎週時間を見つけては、不動産会社さんと指定した物件や、お勧めされた物件巡り。

結構最後の方はもうここでいいのかな・・・なんて物件探しで疲れ果ててしまい、最初イメージしていた物件とだいぶかけ離れたところを選ぼうとしていました。

冷静になり考えた結果、もう少しだけ探そうということになり、その物件をお断りしました。

皆さんもこんな経験ありませんか?

物件探しは妥協すべき?妥協できるポイントは?

みんなが指定する条件は大抵埋まっていたり高い!

私が当初住みたいなーとイメージしていた物件像とは、こんな感じです。

  1. 徒歩10分以内。近ければ近いほどOK
  2. 駅から家までの道のりに居酒屋が多い
  3. 物件が比較的綺麗
  4. 駅が始発駅
  5. 自宅から会社までだいたい30〜40分以内
  6. それなりに広い
  7. 自宅の近くにコンビニがある
  8. フローリング
  9. ベランダがある、そしてそれなりに広い
  10. 日当たりが良い
  11. 周りの環境が静か
  12. 家賃が相場より安い(具体的な金額は控えます)

こんな感じでしょうか。

結構贅沢な物件ですよね。

いろいろな人に聞くと結構同じような条件で探した人が多かったので、結構な人がこの私の条件に類似するイメージなのではないでしょうか。

当然100%叶う物件はない!

不動産会社の営業さんも結構攻めてきますね(笑)と苦笑い。

無茶苦茶な条件だったようです。まあそりゃそうですよね。

駅にも近くて治安もそれなりによくてお店も多い。

そして職場まで30〜40分ときて安い賃料だったらそりゃ誰でも住みますわな。

まあそこらへんはプロ。

いろいろな人たちから無茶難題を言われて捌いてきたんでしょうね。

不動産営業マンさんからはいつくか物件を探してみますが、100%イメージしている物件があるとは限りませんが、問題ありませんか?と。

この時点で抱いていたイメージの物件はないということなんでしょうね。

とりあえず、なんとかお願いします!と要望を出しました。

提案された物件はまあまあ・・・だけどしかし。

不動産営業マンからの提案された物件はまあそれなりのものもあれば、こんな物件しかないの?っていう物件もありました。

駅から5分だけど築40年とか・・・(笑)とりあえず、提案されたそれなりの物件と、これはないだろうな・・・という物件を実際に見てみませんか?

と言われたので観に行くことにしました。

不動産営業マンのしたたかな戦術

最初は築40年くらい経っている物件から内見がスタートしました。

物件の前で不動産の営業マンと待ち合わせしてオーナーさんに挨拶して実際の部屋に案内してもらいました。

もうエレベーターもガタガタで、いかにも古い物件!って感じでしたね。

しかも入り口は暗くてなんだか気分まで沈んできそうな感じ

部屋はリフォームしたてだったということもあり、それなりに綺麗。

しかし、やっぱり昔のデザインって感じがしてその物件を選ぶことはないな〜と思いました。

足早に内見を済ませ次の物件に行くことに。

オーナーさんから是非入居してください!と言われましたが、検討します!

と、とりあえず言っておきました。

次はそれなりの物件へ。

1件目がアレだったので、全てが加点ポイントが。ダメなところから普通なところに行くと、びっくりするくらい加点法になるんですね。

これには驚き。

そしてこの営業マンやり手だな!!と思ってしまいました。

物件選びは焦らずじっくりと

不動産営業マンからの絶妙な営業トーク「この物件は決まる部屋ですね!」という話を受け、若干ここに決めちゃおうかな。

っていう気持ちに少しなったけど、まだ内見したのは2物件目。

これは他も見ないと検討ができない!とお伝えし、他の物件を探すことにしました。

結構1〜2件くらい物件を見て選ぶ人って多いみたいなんですよね。

探すのがめんどくさいのか、営業マンのしたたかな戦術にはまってしまったからなのか、どちらかわかりませんが、ひょっとしたら何年も住むかもしれない物件を1〜2件内見しただけで決めちゃうなんて恐ろしくて私にはできませんでした。

最低5件以上は内見しよう!

これはまあ、人それぞれだと思いますけど、最低でも5件以上は物件を見たほうがいいと思います。

私は結局10件近く見て決めました。気がつけば物件を探し始めて3週間以上経過していましたね。

毎週末に2件か3件ほど見てました。

不動産の営業マンさんごめんなさい。

けどこればっかりはなかなか即断できないもんです。

不動産の営業マンもドツボにはまると2ヶ月くらい決まらない人もいるんですよね・・っていう始末。

まあそこまで長引かせることも考えていなかったので、最後の内見日の日に決めようかと思ってました。というか決定できそうな物件を探し当てました。

何を妥協できるか?そして耐えられる妥協なのか?

探せば物件は見つかるものです。しかし、今回私が選んだ物件はそれなりに妥協しました。

一番妥協したポイントとしては、駅からの距離。

これまでずっと駅から徒歩10分以内の物件を選んでいました。

しかし、駅から徒歩10分の物件というのは、引っ越しをしたい人の殆どが選ぶ条件なので、なかなか物件も見つからない。

そして高い!

私は物件検索の際、徒歩15分まで広げて検索しました。

そしたら、自分が抱いているのに近しい物件の候補がたくさん出てきました。

徒歩15分以内の物件というのは、なかなか選ぶ人が限定されてしまうので、それなりの物件でも比較的リーズナブルに、いい条件のものが存在しているんですよね。

駅から遠いのは我慢の範囲内?

私が選んだ物件は、最終的にはこんな条件です。

  1. 新築マンション
  2. 閑静な住宅街にある
  3. ベランダがそれなりに広い
  4. 家からコンビニまで約100m
  5. 家からスーパーまで約250m
  6. 近くに病院も多い
  7. 徒歩1.5km圏内に駅が3つ
  8. それなりに広い(友達数人呼んでも圧迫感感じない)
  9. 日当たり良好
  10. インターネットが無料
  11. バス停まで徒歩3分
  12. 会社まで40分くらい
  13. フローリング

とまあ、結構な条件だと思いませんか?

駅から少し遠い物件を選んだだけでこんな条件の物件を見つけることができたのです。

確かに毎日駅まで13〜15分くらい歩くのは大変かもしれませんが、そもそも会社がそこまで遠くないので、我慢の範囲内なのです。

自転車使えばもっと時間短縮できますしね。

会社が遠い場合は、徒歩15分圏内のところは適していないのかもしれません。

ちなみにネット環境が無料なんだよね。

これすごく魅力的だと多いませんか?

最近は賃貸マンションにネット接続無料という物件も数多く登場してるんですよね。

駅から遠くてなかなか決まらない物件だからなんでしょうか。

なぜその条件でなければ行けないか?

物件選びで重要だと思ったのは、ただざっくりとこんな条件だったらいいな〜というのを考えるよりも、ぜその条件である必要があるのか?ということをもっとも考えなければいけないポイントだと思いました。

確かに便利であればいいけど、日々の生活の中でそれがどれくらい重要なのかを考えたほうが大切だと改めて思いました。

なんとなく綺麗なところに住みたいという理由よりも、綺麗なところに住むと、テンションが上がって、毎日が楽しく生活ができそうな気がするから。というほうが具体的です。

抽象的ではなく、具体的なイメージを持って物件選びをしましょう。

即断・即決は失敗の元。賃貸といえど慎重に考えよう

私はまだ住宅を購入しようとは思っていません。

しかし、いつか気が変わって購入するかもしれません。現在は様子見ですね。

まだまだこれから不動産価格も上がると思いますし、2020年の東京オリンピック以降は大分不動産が下がるかも!という噂もあるくらいですしね。

これから引越し先を探そうとしている方は、現在どのようにして条件を決定しようとしているでしょうか。

誰もがオシャレでテンションが上がる部屋に住みたいですよね。

しかし、当然ながらイメージしていた物件を探すことは難しいと思います。

賃料のボリュームゾーン以外の物件であれば、すぐに見つかるかもしれませんが。

そうした時、やっぱりある程度は妥協する必要があると思います。文の途中でも紹介しましたが、許容できる妥協なのか?というところがもっとも重要だと思います。

少しでもこれから物件を探そうとする方の参考に慣れれば幸いです!

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-住宅選び
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.