人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

ブログ運営について

ConoHaWINGにロリポップから移行しました!「かんたん移行は使用せず」に「通常移行」する方法や注意点をまとめました。

ブログをはじめて5年以上経過しますが、これまでサーバーの移転はしたことがありませんでした。

5年間使っていたのはロリポップ。

ライトプランからはじめ、1年ほど前にスタンダードプランにプラン変更しました。

不満な要素はそれ程なかったのですが、1点だけ不満な点としては「遅い」

ロリポップは安いサーバーなのに、それなりのスペックのサーバー。

しかし、コンテンツ量が増えてくると、どうしても動作がもっさりしてしまう。

そんな中、TwitterのタイムラインでConoHa WINGというレンタルサーバーを知りました。

「国内最速のレンタルサーバー」



今の私の不満を解決するには、とても魅力的なサーバー。

ということで、サーバー移行をしたことがありませんでしたが、今回思い切ってサーバー移行にチャレンジすることにしました。

サイトを高速化しよう!

ConohaWINGを調べてみる

※まずはConohaWINGがどのようなものか調べてみよう

ロリポップからConoHa WINGへの移行方法

ロリポップの契約プランと利用年数

ロリポップからConohaWINGに移行する前の状態はこのような感じです。

私の状態

  • 契約サーバー:ロリポップ
  • 申し込み年数:約5年
  • 申し込みプラン:スタンダードプラン(2年前にライトプランから移行)
  • 無料のSSLは適用
  • ドメイン:お名前.comで申し込んだ
  • 移行しようと思ったわけ:サイトが重く感じたし、速度UPが望めなかったから

ロリポップからConoha WINGへの移行:WordPressかんたん移行は使用しない

ConoHa WINGの特徴の一つとしてあげられるのは、スムーズに他社のサーバーから移行ができること。

小難しい設定とかしなくても、サクッと移行ができるというのは、サーバー移転したことがない人にとってはとても魅力的。

簡単な操作で、高速なサーバーに移転ができれば、超満足度が高いですよね。

わたし
しかし、そう上手くはいかないもんなんですよね。残念ながら。

Conoha WINGのWordPressかんたん移行は複数回失敗

わたし
もう勘弁してください!

というくらいかんたん移行が失敗続きでしたよ。

間違った設定はしていないはずなのに。

失敗後は以下の作業をひたすら繰り返していました。

  1. サーバー削除
  2. サーバー追加
  3. アプリケーション追加
  4. WordPressかんたん移行を再び実施
  5. 失敗
  6. そして、問い合わせへ。

かれこれ10回近くは同じ作業をやったのではないでしょうか。

何度やってもかんたん移行がエラーになってしまう

Conoha WINGに問い合わせをして解決方法を享受

結局、自分で調べることに限界を感じ、問い合わせメッセージを送ってみることにしました。

数時間後、以下のメールの返信がありました。

------
エラーの状況につきまして弊社にて確認させていただきましたが移行元でのバックアップの処理においてエラーが発生している状況が確認されております。

WordPressかんたん移行については移行元でのバックアップ処理の上WING側へデータを移行するような仕組みとなりますため移行元のサーバーのスペックや移行元サイトの構成等により失敗となるケースがございます。

このような場合には、大変恐縮ではございますが、データ移行についてお客様自身での移行をお願いしたく存じます。
------

WordPressかんたん移行が難しいみたいだから、自分でデータ移行やってね!

ロリポップとConohaWINGは相性が悪い???

だいぶ突き放された感がありましたが、かんたん移行ができないことがわかったので、違う手段で移行してみることにしました。

わたし
サポートの方はとても親切です!何よりも調査してくれるのはありがたい。

プラグインを使用してデータ移行を実施

わからなかったら検索すべし!

先人たちの知恵が、世の中には多数存在しているのです。なので、調べまくりました。

一番これが良さげだなと思ったのはAll-in-One WP Migration。

とても簡単にブログの移行ができそうなので、このプラグインを使ってみようかと思いました。

プラグインを追加画面で、「All-in-One WP Migration」を検索し、「今すぐインストール」そして「有効化」します。

データのバックアップ

All-in-One WP Migrationを有効後、まずはサイトのバックアップデータをダウンロード。

All-in-One WP Migrationは512MBまでしか無料で使えません。

注意ポイント

ダウンロード自体は可能ですが、新サイトにアップロードするときは512MBまでしかアップロードできませんのでご注意を!それ以上のファイルをインポートするには有償となります。(無料で改造する方法もあるみたいですが、怖いのでやめました。)

私のブログは、1GBを超えていたので、画像ファイルはエクスポートせず、画像ファイル以外をエクスポートいたしました。

メディアライブラリをエクスポートしないにチェック

エクスポート先は「ファイル」を選択。

エクスポートが完了したら、「バックアップ」を選択し、該当のエクスポートデータをローカルにエクスポートします。

数分でエクスポートは完了しました

これでメディア以外のバックアップは完了です。

サイトを高速化しよう!

ConohaWINGを調べてみる

※まずはConohaWINGがどのようなものか調べてみよう

サーバーから画像ファイルをダウンロード

次に、サーバーから画像ファイルをダウンロードします。

FTPソフトにFTP情報を入力し、メディアファイルが格納されている箇所から、画像ファイルをローカルに落とします。

ドメインの登録

これで、バックアップデータが揃いましたので、次に、Conoha WINGにドメインを登録します。

アプリケーションのインストール

次にアプリケーションのインストールを行います。

この画面は10回以上も見たよ(苦笑)

必要項目を入力したら保存をクリック。

更新ボタンを押してみるとサクッとインストール完了してました。

構築自体は数分で終了します

Conoha WINGのネームサーバーに変更

続いて、ネームサーバーを変更します。

私は、ドメインはお名前.comで取得しておりましたので、お名前comにログインしてネームサーバーを変更いたします。

ログインしてネームサーバーを変更

ロリポップからConohaWINGを参照してね!という処理です。

ネームサーバー3は特に必須ではありませんが、念のため入力しました。

  • ns-a1.conoha.io
  • ns-a2.conoha.io
  • ns-a3.conoha.io

バックアップファイルのインポート

次に、ConoHa WINGにインストールしたWordpressにバックアップファイルをインポートを行います。

インポートはバックアップと同様に、All-in-One WP Migrationのプラグインを使用します。

新たにインストールしたWordpressにAll-in-One WP Migrationをインストールします。

プラグインを有効にしたらインポートをクリックし、ローカルにダウンロードしたファイルをインポートを行います。

該当ファイルをインポート

これで完了です

注意ポイント

画像にも表示されてますが、ブラウザは閉じてはダメです!

FTPでファイルをアップロード

次に、ローカルに落としたメディアファイルをFTPソフトでアップロードします。

これでデータの移行は無事に完了です!

サイトが表示されないトラブル発生

データ移行はスムーズに行うことができたのですが、ここからじれったい、なんとも言えない状況が続きます。

  1. 管理画面にアクセスができない!
  2. サイトが表示されない!

この2点で悶々とした1日を過ごすことになりました。

サイトをひらけばこんな表示が・・・

SSLが影響している模様

通常ネームサーバーを変更すると、完全に浸透するまでは24時間以上かかると言われています。

完全に浸透しないと、Conoha側のSSLの設定ができないみたいなんですよね。

↓の画面では設定中になっていますが、設定ができるようになるまではエラーになってしまい、設定ができるまで約25時間かかりました。

わたし
ここはとにかく浸透するまで我慢です!

twitterで調べて見ても、私と同じようなツイートを見つけました。

注意ポイント

とにかく我慢すべしです!

サイト移行には丸1日日以上費やした

結局、Wordpressかんたん移行を使用せずにロリポップからConohaWINGに移行したわけですが、サーバーを申し込んだのが9月29日で、サーバー移行が完了したのは10月7日。

1週間程度時間がかかりました。

ただ、9月29日〜10月5日までは「かんたん移行」がなかなかうまく行かず、問い合わせしたりと時間がかかってしまいました。

「かんたん移行」を使用せずに移行作業した日数は丸1日くらいです。

初めから、かんたん移行をしなければ、サクッと移行が済んでいましたね(笑)

サイト移行に伴う変化は?

サイトに移行する前と移行した後はどれだけサイトの速度が改善したかというと、肌感では「管理画面操作がすごく速い」というのと「複数のメディアをアップする速度が向上」しています。

数値的な比較では、

サーバー移行前(ロリポップサーバー)

サーバー移行後

劇的にスポードアップ!というわけではありませんが、速度は向上していますね。

6.7秒かかっていたロード時間が4.2秒になっています。

そしてPageSpeedもCからBになっています。

これから、プラグインの整理とか、キャッシュの仕組みを変えたりすればさらに向上するのではないかと思います。

サーバー移行は慎重に情報収集をたくさんすべし!

ConohaWINGは9月の後半にローンチしたサービスということもあり、まだまだ情報が少ない状態です。

私も数人の方のブログを読んで、行けそうだなと思いましたが、苦戦することに。

ただ、自分で調べながらやることで、知識も身につくので結果移行してよかったかなと思います。

ConohaWINGはおすすめか?

もちろんおすすめです!

サポートの方も丁寧だし、何よりも速度が速い!

これでどれだけアクセスに効果を及ぼすか楽しみですね。

サイトを高速化しよう!

ConohaWINGを調べてみる

※まずはConohaWINGがどのようなものか調べてみよう

わたし
最後に、ロリポップさん長い間ありがとうございました。またどこかで利用する際はお願いします。
  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-ブログ運営について
-,

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.