人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

ヘルスケア

スマホ依存症に要注意!デジタルデトックスの必要性

1日に何時間スマホに触っていますか?

私も暇さえあればスマホでネットを見てしまいます。移動中、トイレ、そして食事しながら・・・。

特に明確に見たいものがあるのか?というわけではないのですが、ついつい手持ちぶたさ的な感じでスマホを触ってしまいます。

最近「ついついスマホを触ってしまう行動」についてとても違和感を感じるようになり、なるべくスマホを触らないようにしようと心掛けるようになりました。

歩きながらスマホ操作も危険ですし、睡眠にも悪影響を及ぼすこともあるようなので、大変な目に合わないためにも、今のうちに依存症を抜ける努力も必要ですよね。

過去記事

絶対ダメ!大けがする前に歩きスマホはやめよう。昨年救急車で搬送された人はなんと○○人!?

もしかしてスマホ依存症?朝が怠い、睡眠が浅い、熟睡ができない理由はスマホから出るブルーライトが原因か?

ネット依存症の恐怖

先日、テレビを見ていたら、「増えるスマホ依存症」という番組(なんの番組かは失念)を視聴したのですが、ある夫婦の生活を紹介していました。

奥様は完全なるスマホ依存症で朝起きて寝るまで、なんと1日の半分以上もスマホやPCでネットを閲覧しているようです。

旦那さんも、諦めたのかそうではないが定かではありませんが、もう慣れてしまっているとのこと。いわゆる新しい仮面夫婦の形?別に不仲というわけではないようですが、夫婦が会話なくいるというのもとても違和感が感じる、そして現代社会というような感じですよね。

ネット依存症はアルコール依存症よりも多い!

スマホ依存症というわけではありませんが、ネット依存になっている人は実はアルコール依存症よりも多いという結果もあるようです。

2012年に国立病院機構久里浜アルコール症センターのネット依存治療研究部門は、パソコンを含めた「インターネット依存」の傾向がある人の規模について、270万人超と推計したことがある。また、厚生労働省研究班が13年に行った調査では420万人超とはじき出している。
日本ではアルコール依存症の患者数が100万人超とみられていることを考えると、これはかなり深刻な数字といえる。
引用:東京IT新聞

420万人もネット依存の傾向があるということは深刻な気がしますよね。私もそのうちの一人ですけどね。

思考能力が低下してしまう?

最近思うようになったのですが、何かを調べようとするとすぐにネットを立ち上げてしまいます。これって便利で素晴らしいことですけど、脳の退化に繋がっていくんじゃないかと危惧しています。

自分の頭で考えなくなるということは、応用性がきかなくなってしまいそう。

検索すればそれなりの情報が手に入りますが、最も重要なのは自分で考えること。

全て検索に頼りっぱなしだけは避けたいですね。

脱スマホ依存!

頻繁にアクセスするアプリを削除

最近意図的に、頻繁にアクセスするアプリを削除してしています。

facebookやsmartnewsとかのニュースアプリは全て削除しました。別にこれらのアプリは今見なくても、別にいつでも読めるものなので、思い切って削除しました。

ニュースアプリなんかは、暇つぶしにはなりますけど、その情報を得る必要性ってそんなにないので、webニュースを見るよりも本を読んだ方がいろいろ学べるのではないかと思っています。

たまにはスマホを置いて出かけよう

誰とも合わない休日なんかは、思い切ってスマホを置いて外出することもあります。

大分スマホに依存していたので、不便ではありますけど、なんとかなるものです。というか、スマホがなかった時代はそれが普通だったので、なんとかならない訳はありませんよね。

寧ろスマホがないことによって、脳が活性化するんじゃないかとも思ってます。

スマホを持っていると、すぐに何かを検索してしまって、自分の頭で考えなくなってしまいます。だからあえてスマホがない生活を行うことで、思考能力が高まっていくのではないかと思っています。

デジタルデトックスツアーに参加してみる?

テレビで見たんですけど、日本でもデジタルデトックスツアーなるものがあるようです。ツアーとありますが、そんな大げさなものではなく、デジタルデトックスしたい人たちが集まって、デジタル機器を持たずに自然と触れ合うという企画。

参考:「ひと手間」かけて鎌倉探訪。デジタルデトックスツアー!

思い切ってこういうのに参加してみるのも楽しいかもしれませんね。

まとめ

ネットやスマホが普及した世の中はとても便利で素晴らしいですが、それによって失われるものもたくさんあります。

情報過多の現代なので、自分で取捨選択するということがこれから求められるのではないかと思います。依存度が高まってしまうと、自分自身をコントロールができなくなってしまうことにも繋がってしまうかもしれないので、改善できる部分は改善できるようにしていきたいですね。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-ヘルスケア
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.