人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

ダイエット論/方法 ヘルスケア

運動開始20分後に脂肪燃焼が始まるというのは実は嘘?断続的な運動でも効果は一緒?

今日も朝から8km走ってきました。これでこの土日で約20Km走りました。正月太り解消プロジェクトの出だしは好調です。

ただ、いきなり体に負担をかけてしまったようで、体が若干悲鳴をあげています(笑)無理なく、怪我しないようなペースでダイエットに励みたいですね。

オーバーワークは、私生活にも影響を及ぼしてしまいますので、本当に注意が必要です。怪我でもしたりなんかしたら、若い頃と違ってやっぱり治りが遅かったりもするようなので。

マイペースにゆっくりと昨日立てた目標を達成していきたいと思います。

ご参考までに、昨日書いたブログ記事で、ダイエットの目標設定とトレーニング内容を書いています。

衝撃の正月太り!正月太りを解消する為にダイエットします。私が設定した目標とトレーニング方法を紹介します。

さて、ちょっと朝から衝撃的なニュースが飛び込んできました。

ずっと私も信じてきた内容が覆された内容です。

運動は断続的でも連続的でも効果は一緒?

20分以上連続した場合と、断続的に合計20分以上運動した場合も効果は一緒らしい

その内容とは、運動開始から20分経過しないと脂肪が燃焼しないというのは実は嘘だった!という内容です。

昔から運動(特に有酸素運動)は20分以上連続的に運動を行わないと脂肪燃焼しないと思って、ランニングするときも必ず20分以上ランニングできるような距離をその日のランニング目標にしていました。

20分以上走っていると、体も温まってくるので、これからが脂肪が燃焼するから、もっと頑張ろうという、一つのモチベーションの維持に繋がるかなと思っていたんですけど・・・

有識者は語る

国立健康・栄養研究所、基礎栄養研究部部長の田中茂穂さんは、このように語っています。

「実は、20年ほど前から、国際的には、連続的な運動と断続的な運動を比較した場合、合計運動時間が同じであれば、エネルギーの消費量に差はない、という研究結果が出ています」

引用:ライブドアニュース

1日に数回断続的に運動を行ってもエネルギーの消費量に差はないということであれば、あえてきついトレーニングをしなくても小出しに効果的なエクササイズをしても結果は同じことのようだ。それが事実なのであれば、トレーニングメニューもだいぶ変わる。

というか、20年ほど前からそうのような結果が出ているということなのであれば、私はなんの情報を仕入れて実践していたんだろうか。

長時間運動は逆に太る?

しかも田中先生はこうも語っている。

「糖質は、高強度な運動や長時間の運動でエネルギーとして利用されやすく、体に蓄えがなくなりやすい。フルマラソンを走ったら即なくなってしまうくらいで、枯渇すると疲れて動けなくなり、それを補給するため、食欲が増進してしまいます」

引用:ライブドアニュース

た、確かにランニングの距離を長くすればするほど、エネルギーの消費が激しすぎて、その後とてもお腹がすく。。。普段と同じ量食べてもお腹が空いてしまうため、間食をしてしまうこともしばしばある。

長い距離を走って脂肪が燃焼したと思っていたのは、正しいことではあるけど、逆効果になってしまうことなのだろうか。

まとめ

今回見たニュースの内容は確かに!なるほど!と思うような内容ではあるが、結局のところ、正しいことって一つじゃ無いので、そういった情報もあるということを把握してトレーニングすべきですね。その中で本当に自分に合っているトレーニング時間や方法を見つけて運動していくことが目標達成に近づくのだと思います。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-ダイエット論/方法, ヘルスケア

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.