人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

お金に関すること

ふるさと納税で地方の名産品を手に入れよう!ふるさと納税のメリットを調べてみた

更新日:

たびたびニュースで目にする「ふるさと納税」

ふるさと納税から推測されることとすれば、田舎出身者が田舎を離れて暮らしているけど、田舎に納税することができるという制度のことなのかな?と思っていましたが、実は違ってました。

ヤフーで「ふるさと納税」と検索窓に入力すると様々な関連語で検索されているので、気になっている人が多そうです。個人的にふるさと納税のことが気になっているので、調べてみたいと思います。

実はお得?ふるさと納税

そもそもふるさと納税って?

ふるさと納税のことを一言で言うと、「地方自治体への寄付金」ということだそうです。過地方間格差や、疎化等により、労働人口が減った地方では税収がそれほど見込めません。格差是正を推進するための新構想として2008年に安部政権が制定した制度なのだそうです。(参考:ふるさと納税ポータルサイト

私もそうですが田舎を離れて都市部で暮らすようになり、10年以上が経ちました。当然住民票も田舎ではないので、私の税金は住んでいる都市部に納めることになります。

労働人口が少ない地方と、労働人口が多い都市部では当然税収に差が生まれます。そうした不平等差をなくすために制定された制度のようです。

実質的に現在納めている税金が移転されるというようなもののようです。

生まれ故郷ではないところにも寄付は可能

これは初めて知ったことですが、別に生まれ故郷ではない別の場所に寄付することは可能なのだそうです。後ほどご紹介しますが、ふるさと納税をすると特産品をもらえることがあるらしいのですが、その特産品目当てでふるさと納税をする方も増えているようです。

寄付をすることで、地方自治体が潤って、個人的にも税金対策になってそして美味しいものがもらえるっていうのは理にかなっているのかもしれませんね。

ふるさと納税のメリットは?

特産品がもらえる

ふるさと納税をしてくれたお礼というわけではないと思いますが、納税をすると外地域の有名な特産品をもらえることができるそうです。

例えば、50,000円寄付をするとこのようなすごい特産品をもらえるようです。

50000

納税できる金額は、2,000円からできるので、少額でも十分に納税することが可能ですよ。

税金が控除される

これは結構メリットがあるのではないでしょうか。ふるさと納税を行った場合所得税と翌年度の個人住民税が控除されるようです。紹介されているケースでは4万円寄付を行った方が、3万8千円も控除されたということが事例としてあるようです。

単身者の場合は、年収が400万円で、2万2千円の寄付を行うと2万円程度、税が軽減されるようです。

zei

参考:私はだいたい、いくらできる?

複数の自治体に申し込みが可能!

ふるさと納税は1つの自治体ではなく、複数の自治体に申し込むことが可能となっています。ですから複数の特産物を得ることができるようになります。

自分の収入に合わせた金額を複数の自治体に申し込めば、賢く税金対策にも繋がるかもしれませんね!

まとめ

今回ふるさと納税のことを調べて、初めてメリットがわかりました。これはいつ制度がなくなるかわからないものですが、申し込んでみて損はないのではないかと思います。

しかし、残念ながら私の実家ではふるさと納税は行っておりませんでした(涙)なので、実家と比較的近い場所にふるさと納税を検討するしかありません。

なぜピンポイントにふるさと納税がないんでしょうね(笑

 

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-お金に関すること
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.