人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

仕事論/転職

仕事や会社に合わないと感じたら転職も選択肢の一つ。転職は逃げだということはないから安心しよう。

更新日:

20代で2度の転職経験

転職活動は新鮮だけど、だいぶ大変だった

わたし
過去2度の転職を経験しました!

新卒で働いた会社は丸3年在籍し、2回目の転職をしたときは丸4年在籍しました。

現在は3社目で働いています。その3つともにITベンチャーというのが面白い。

IT系は種類も多種多様。よく業界研究しよう

もともとIT系志望ではなかったのですが、1社目にITベンチャーを経験したことが私のIT系のキャリアのスタートでした。

しかし、ITとひとくくりにされても、IT系にはジャンルが複数あるので、すべてが同業というわけではありません。

ソフトウェア業界、WEB制作、SaaS系などなど、すごく種類があるのです。

一括りにIT系とされても、種別によってはイメージと違うこともあるので、注意しましょう。

私がいたのはソフトウェア業界

1社目はシステム開発を行う会社で、エンジニアをお客さん先に常駐させる営業を行ってました。

毎日開発者を募集していそうな所にテレアポをして、こんなスキルを持っている人がいるから紹介させてほしい。

いや、というかまずは打ち合わせしません?

というような電話をして、会社間の契約書を巻いて、エンジニアを紹介して、面接してようやく客先に常駐できる。

結構シンプルなんだけど、いわゆる商品が人間なので、色々きつかった。。。。

毎日200件のテレアポ!

新規開拓のために毎日200件近くテレアポをして、毎日遅くまでリストを作ったり・・・当時リストは自前で調べてリスト化してました。

リストが売っていることは知っていましたが、(当時はまだ今よりも厳しくない時代)当然購入するにもコストなので、自分で調べてリスト化してました。

法人営業だったので、ホームページに載ってるんですよね。

まあ新卒時代の事は、振り返ればキリがないほどいろいろなイベントがありましたが、結果的に経験してきてよかったなぁと思えるほどになりました。

テレアポ経験は営業マンには必須なスキルです!

若かった時に厳しい体験をしてきて、今ではどうしてもできないことも、やらなければいけなかったので・・・

「石の上にも三年」って言われるけど実際はどうなの?

1社目は3年間は働くと決めたので、かなりいろいろなことがありましたが、何とか3年間は続けました。

労働環境は劣悪ではなかったですが、今思えば、結構ブラックな要素があったのかな~なんて思います。

無断欠勤している社員の家に突然訪問して来いと言われたり、現場に出ている社員が大分残業をしているのを気づいていながらも、黙認したり・・・、当時はこういうもんなんだな~仕事って・・と純粋に思ったものです。

今思うと、どう考えても客先に派遣されるエンジニアにとってはブラック企業そのままですよね。

わたし
あの時発言権があれば・・

しかし、当時の私はそこまで考えられる余裕はなかったんですよね。

新鮮だった転職活動

間もなく3年が経とうとしたとき、私は初めて転職活動をしました。

私は学生時代まともに就職活動もしなかった(正確に言うとできなかった)ので転職活動は非常に新鮮でした。

休日に説明会に行ってみたり、SPIを受けてみたり。

わたし
ってかSPIって難しくね?

初めての経験尽くしでした。

営業職を3年間やってきたので、それなりに面接も問題なかったです。

しかし、いくら社会人経験3年あるとはいえ、やってきた仕事は、人材派遣の新規開拓なので、自分がやりたそうな求人に受けても、未経験すぎて中々書類選考が通らない。

書類選考がなかなか通らない!

転職エージェントに相談して、履歴書や業務経歴書の書き方をレクチャーいただいたり、本当に自分がやりたいこと、どうやって目標を達成しようとするのか?等のフレームワークを教えてもらい、何とか最初よりは書類も通りやすくなりました。

その時はいくつか転職エージェントに登録しましたが、最終的に転職コンサルタントに相談したのは、リクルートエージェントとインテリジェンスです。

結果リクルートエージェント経由で転職をしました。

若かった頃、自分は何でもできる!という思い込みがあり、なんで俺の価値を見出してくれないんだ~と思ったこともしばしばありましたが、そういう人たちが転職しようとしているわけで、そしてそれなりに転職するための知識を得ていたりしているんですよね。

結局自分本位でしか物事を考えていなかったことが、今考えるとだめだったのかもしれません。

経営者の本を読んでモチベーションアップ

当時、元ライブドア社長の堀江さんの本や、サイバーエージェントの藤田社長の本など、経営者の本を読んで、モチベーションアップさせていた記憶があります。

今の会社でずっと働くとは思えなかったので、次に行く会社ではこの経営者のように死ぬほど働くぞ!と思い込んでしました。

やたらと当時は次の会社に行くモチベーションは高かったようです。

そのモチベーションを当時の会社に注ぎ込んでいればどうだったんでしょうね。

タラレバ論は嫌いですが、ある程度のところまでは行けたのではないかと思います。

去年、当時の上司とのみに行きましたが、ずいぶんと会社も変わったよ・・。

お前がいたときのメンバーはほとんどいないんじゃないかな~と言っていました。

何だか切ない感じもしますが、それも一つの会社のあり方なので、仕方ないのですかね。

私が登録した転職サイト

リクルートエージェント

リクルートエージェント経由で、私は初めて転職をしました。親身になってくれて考えてくれたり、若かった私に転職コンサルタントは様々なことを教えてくれました。

リクルートエージェントのサイトを見てみる

インテリジェンス

インテリジェンスの転職エージェントと何度か面談したことがあります。最終的にはインテリジェンス経由ではなかったのですが、当時かなり伸びていた企業です。

インテリジェンスのサイトを見てみる。

TYPE

TYPEは登録だけしました。IT系の求人が多いので、親和性は高かったですが、新卒で働いていた企業で依頼していた企業なのでただ登録しただけで終わりました。

typeの人材紹介をチェックする。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-仕事論/転職

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.