人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

住宅選び

マンションや戸建てを買う場合と、一生賃貸住宅の場合ってどちらがお得なの?

そりゃ私だって高層マンションに一度は住んでみたいとは思ってます。

綺麗な夜景、誰かに自慢ができる、利便性は多少悪くともそんなの高層マンションに住んでいる優越感に比べたら屁みたいなもの。

一度はそんな感覚を味わってみたい!(別に悪意はありません)

年齢的にも、周りの友人・知人もそろそろマンションや戸建を購入する時期なので、マンション買うは本当に買ったほうがいいのか?という情報感度は高くなっています。

やっぱり自分の家というのは持ってみたいですけど、無理して何年もローン組んでいいものなのかというのも不安になるものです。

答えは無いと思いますが、自分の家(資産)を持つことについて、どのように語られているのかを調べてみました。

持ち家は買うべきか否か?

自己所有と賃貸はどちらがいいの?

いろいろ調べてみると、一生賃貸というのと、自己所有の場合トータルで支払う金額の差はほぼ無いという計算を紹介されているサイトを見つけました。

参考:失敗しないマンションの選び方とは

例えば、30歳の奥様が平均年齢の85歳まで生きて、現在住んでいる9万円のマンションに55年間住み続けた場合の費用は9万円×12ヵ月×55年=約5900万円。

一方3,500万円の物件を買った場合、1割ほどの諸経費(350万円)が発生し、3,500万円のうち、2,000万円を35年返済、金利1.75%で借りた場合、利息だけで約680万円の負担が生じる。

さらに、修繕費とか、固定資産税を55年間住んだ場合分を足すと、結局5,000万円くらいになってしまうという計算。

自己所有した場合のメリットとは

このサイトでは自己所有した場合のメリットとして紹介されているのは、ローン契約者(おそらく旦那)が亡くなった際、団体信用生命保険に加入することがあるからとのこと。

団体信用生命保険は、ローン契約者である旦那が、万が一亡くなった場合は、今後のローンは支払わなくてもいいですよ!というような保険なのだそうです。

金銭的な差異(とは言っても1,000万円程度はある)がそれほど無いとはいえ、メリットが住宅ローンの際に強制的に加入させられる保険なんて、なんだか切ないですよね。

自己所有の場合は自由度が高い

こちらのブログさんでは、冒頭のサイト様と同様のことが書かれていますが、自己所有マンションの場合は、自由度が魅力的と紹介されています。

賃貸物件だとなかなか自由度が聞かないものですが、自己所有ということであれば、カスタマイズも自由に行えるため、住まい心地がアップすると紹介されていました。

しかし、最後には自己所有の場合と、賃貸の場合どちらがメリットがあるのかといえば、賃貸の方がいいのでは?と最後に紹介されていました。

ローンの支払いが終われば負担が減る

様々なサイトを調べてみましたが、自己所有するメリットしてあげられる項目として、

  1. 社会的信用力
  2. リフォーム・カスタマイズ
  3. ローン支払い後の負担が減る
  4. 資産として残る

という4つの項目が多いようです。社会的信用力というのは何かあった時に担保となるからということなんでしょうかね。また、3番のローン支払い後の負担が減るという内容もありました。

確かにローンの支払いが済めば負担が減ることは間違い無いですが、定年退職後に地方の安いところに移住するという選択肢を紹介されているサイトがありませんでした。

まあ当然のことかもしれませんが(笑)ひょっとしたら定年退職した後に、騒がしい都内から離れて田舎の広い安い土地を借りて住むという選択肢で人生を楽しむというのもいいのかもしれませんね。

すでに日本は人口が減少しているわけですし、土地もあまりつつあるようですしね。

賃貸派は実は増えている?

2013年の記事ですが、SankeiBizで「賃貸派、なぜ増えているのか?」という記事で賃貸派が増えている理由について紹介されていました

SUUMOが行ったアンケートによると、「買うよりも借りるほうが得だから」と言った意見や「自分のライフスタイルやこだわりに合う」と回答された方が多いというデータが紹介されていました。

参考:SankeiBiz「賃貸派」なぜ増えている?

2013年はまだ消費税増税が発表されたとしだったので、2014年のアンケートと照らし合わせてみるとどのような変化が起きているのかを分析してみたいですね。

個人的には、自分のライフスタイルやこだわりに合うという意見には同意ができますね。

引っ越しは体力を使うものですが、その分新しい土地に触れて新しい価値観を手に入れるというのは自分には合っている気がします。

まとめ

なんだかうまく整理ができない記事になってしまいましたが、様々な情報が世の中に存在しているので、一つ一つの情報を把握することで全体感がつかめるようになってきますね。

住宅メーカーは当然商売のために物件を売りたいわけですが、その情報をすべて信じてしまうと、損してしまうこともあるはずです。

ですから、きちんと自分で調べておくことで、冷静に判断ができるようになるものなんですね。

まだ私には物件購入という選択肢はありませんが、今後そういうような話が出てくるはずなので、いつ出てきてもいいように、様々な情報はインプットしておきたいなと思います。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-住宅選び
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.