人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

国内/海外旅行

マレーシア・プトラジャヤにあるピンクモスクに行ってきた。クアラルンプールのリーズナブルなホテルもご紹介!

更新日:

わたし
夏休みにマレーシア旅行に行きましたよ!

コタキナバルがメイン旅行でしたが、1日はクアラルンプールに宿泊しました。

マレーシア・コタキナバル旅行。ホテルやグルメ、ショッピング、治安情報のご紹介。

夏休みにマレーシアのコタキナバルとクアラルンプールに行ってきました。特にコタキナバルのガヤ島では、憧れだった水上コテージ ...

憧れの水上コテージ宿泊したいなら、コタキナバル・ガヤ島にあるガヤナエコリゾートがおすすめです。

わたしコタキナバルは最高だった! 夏休みに行って来たコタキナバル。 目的はコタキナバルから船で行くことができるガヤ島で、 ...

コタキナバルから飛行機で2時間弱でクアラルンプールの空港に到着します。

空港到着後、宿泊予定のホテルへと向かいました。

マレーシア・クアラルンプール旅行記

宿泊したホテルは「Invito Hotel Suites」

このInvito Hotel Suitesはなんと、リーズナブル(一泊5千円くらい)でなんとプール付きなのです。

清潔で静かなリーズナブルなホテル

Invito Hotel Suitesはとても清潔で綺麗なホテルでした。

めちゃくちゃ広い!

ホテルからの景色

Invito Hotel Suitesの部屋には、ベランダもあって、クアラルンプールの街並みが一望できます。

しかし、ベランダの柵がなんだか頼りない感じで高所恐怖症の私は恐怖を感じてしまいました。

確か13階に宿泊した記憶です。(詳細は失念しました)

9月頭のプールは水温が低かった!

プールも無料で泳ぐことができます。しかし、若干水温が低くて、長くは泳いでいることはできませんでした。

ソファースペースもあります。

わたし
せっかく来たのだから、一度は泳がないとね。しかし、寒い・・・

日中のプールでは数人が泳いでいましたが、夜はほとんど人がいなくて、貸切状態でした。水温が低かったからですかね。

一度は食べてみたかった肉骨茶を食べに街へ。

マレーシアに行くなら一度は食べた方が良いと知り合いからも言われたので、肉骨茶(バクテー)を食べに行きました。

本当はコタキナバルで食べたかったのですが、美味しいお店が定休日で行けなかったので、クアラルンプールで美味しいと評判のお店に行ってみました。

肉骨茶とは・・・?

ぶつ切りの豚あばら肉(皮付き)や内臓肉を、漢方薬に用いるスパイスと中国醤油で煮込んだ料理で、一般的には土鍋で供される。前述の食材に加えてレタス、きのこ類、湯葉、厚揚げや油条(中国式の揚げパン)などが用いられることもある。

スパイスにはスターアニス(大茴香)、シナモン(桂皮)、クローブ(丁子)、コショウ(胡椒)、ニンニク(大蒜)などがよく使われるが、他にも多様な組み合わせがある。スープは醤油ベースの深い褐色、あるいはコショウを効かせた澄んだものの2系統がある。

wikipediaで肉骨茶を調べる

肉骨茶専門店?新峰肉骨茶

地球の歩き方にも書いてあった、肉骨茶の美味しいお店である「新峰肉骨茶」に向かいました。

わたし
「新峰肉骨茶」はとても人気店なのです!

宿泊したInvito Hotel Suitesからは、徒歩で20分ほどだったかと記憶しています。

お店の前には、多めなのでは?というくらいの中華系の店員さんが接客をしています。

このお店では、一般的な肉骨茶と、野菜入りの肉骨茶を注文しました。

こちらは一般的な肉骨茶。

肉骨茶は調味料とニンニクでいただきます。店員さんが食べ方を教えてくれますが、これでもかっていうくらいのソース?とニンニクと唐辛子を入れてきます。味はとても美味しい。

漢方薬っぽい味はしましたけどね。これからマレーシアに旅行に行く方は、一度は肉骨茶を食べてみてはいかがでしょうか。

と、クアラルンプールでは、大きなショッピングモールで買い物もしたのですが、マレーシア旅行の最後を飾るのはプタラジャヤにあるピンクモスクなので、ピンクモスクのことをご紹介したいと思います。

ピンクモスク

クアラルンプールに行くなら一度は行ってみたい、ピンクモスク。

ピンクモスクは、クアラルンプールの市街地から、約25キロくらいのところにあるムスリム(イスラム教徒)にとって聖地とも言える場所です。建物自体がピンク色をしており、マレーシアの観光スポットになっています。

ピンクモスクがあるプトラジャヤは行政都市として作られており、様々な省庁が存在しています。

プトラジャヤの地図

プトラジャヤ駅はプトラジャヤセントラルという名称です。

ピンクモスクへは電車で移動

ピンクモスクがある、プトラジャヤには、クアラルンプールから電車で移動しました。

KLIAトランジットでプトラジャヤ駅に向かいました。

時間は20〜30分ほどだったような記憶です。

プトラジャヤにタクシーで行くというような選択肢もありましたが、英語力が乏しいため、電車が無難ということで電車を選択しました。

快適なKLIAトランジットで(なんとwifiも車内で無料で使える!)プトラジャヤに向かいました。

プトラジャヤからピンクモスクには、タクシーで移動しました。

ピンクモスクの場所

タクシーで20〜30分くらいだったと記憶しています。メモを忘れてタクシーの料金は忘れてしまいましたが、それほど高くなかったと記憶しております。

色々な行き方があるので、調べてみてはいかがでしょうか。

ピンクモスクの営業時間はきちんと確認すべし

ピンクモスクは観光地ではあるものの、ムスリムのお祈りの時間が優先されるため、時間によっては中に入れないようになっています。ピンクモスクの内部に入れる時間は以下の通りです。

入場料や、ピンクモスク内部に入るためのローブの貸し出しは無料です!

  • 土曜日~木曜日
    • 9:00〜12:30
    • 14:00〜16:00
    • 17:30〜18:00
  • 金曜日
    • 15:00-16:00
    • 17:30-18:00

せっかく行ったのに、現地で待ちぼうけ。ということは避けたいですよね。

ピンクモスクの内部

プトラジャヤからタクシーでピンクモスクに向かい、本当にピンク色のモスクが堂々と構えている姿はとても感動的でした。

無料のローブの貸し出し場所。とても事務的です(笑

プトラジャヤの正面画像。雲は多かったですが、青空も垣間出て、とても美しいピンク色でした。

たくさんの観光客が写真撮影をしていました。

地球の歩き方はもちろん、様々な観光情報サイトに掲載されているピンクモスクの内部。

とても綺麗で、神聖な場所というような雰囲気がありました。

ピンクモスク内部の動画

写真では魅力が伝わらないと思い、動画を撮影しました。

ピンクモスク内部の写真

もちろん内部の写真も撮影しています。

ピンクモスクはボートに乗って見ると楽しい

アクティビティというのでしょうか。

ピンクモスクの近くにボートに乗る場所があります。

そこからボートに乗ってピンクモスクを写真を取るのはとても楽しかったです。だって、人混みが避けられるんですもの。

素晴らしい建造物!

ピンクモスク周辺動画

やっぱり動画の方が臨場感が伝わると思います。

短い時間の滞在でしたが、とても素晴らしい体験をさせていただきました。

スーツケースは駅のロッカーに預けることも可能

私はホテルをチェックアウトしてピンクモスクに向かったので、当然スーツケースを持っての移動です。

プトラジャヤ駅には大きめのスーツケースも入れられるロッカーがあります。

しかし、残念なことに、ロッカーが故障していたのかわかりませんが、ロッカー専用のコインが2枚しか入らず(大きめサイズのロッカーはコイン3枚必要)使用することはできませんでした。

わたし
どうしても残り1枚のコインが入らない。

専用コインだから、使い道はないので、さらに最悪な状況で怒り心頭でした。

駅員さんに聞いても知らない・わからないという悲しい返答(営業時間が終わっていたからかもしれないが超無愛想)でした。

なので、重いスーツケースを持ちながら、ピンクモスクに向かったのです。

まさかのインフォメーションセンターで荷物を預かってくれた

ピンクモスクに到着すると、インフォメーションセンターがあります。

ダメ元で荷物を預かってくれないか?と相談してみたところ、OK!と素晴らしい返事をいただきました。

ロッカーが壊れてスーツケースが預けられないという方は、一度ダメ元で相談してみるのはいかがでしょうか。

ひょっとしたら、私のように預かってくれるかもしれませんよ!

今度はブルーモスクにも行ってみたい!

今回のマレーシア旅行はとても楽しめました。

ご飯は美味しいし、色々観光スポットもある。まだまだ行きたいところはあるのですが、日程的に合わずに行けるところに限りがありました。

また、マレーシアに来たいと思いました。

次に行く時は、コタキナバルだったらキナバル山に登ってみたいし、クアラルンプールのブルーモスクにも行ってみたい。

そして、クアラルンプールのショッピングセンターで色々買いまくりたい。(特に革製品はイギリスのブランドは日本よりも安い)

2017年の夏休みはとても楽しめました。

冒頭でもご紹介しましたが、コタキナバルのリゾート地情報もご紹介しているので、ぜひご覧ください。

マレーシア・コタキナバル旅行。ホテルやグルメ、ショッピング、治安情報のご紹介。

夏休みにマレーシアのコタキナバルとクアラルンプールに行ってきました。特にコタキナバルのガヤ島では、憧れだった水上コテージ ...

憧れの水上コテージ宿泊したいなら、コタキナバル・ガヤ島にあるガヤナエコリゾートがおすすめです。

わたしコタキナバルは最高だった! 夏休みに行って来たコタキナバル。 目的はコタキナバルから船で行くことができるガヤ島で、 ...

こんな方におすすめ

  • 美味しいご飯が食べたい。
  • 色々な買い物スポットがあるところに行きたい。
  • そんなにお酒を飲まなくても平気。
  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-国内/海外旅行
-,

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.