music THEE MICHELLE GUN ELEPHANT

これぞロック!ミッシェルガンエレファントでオススメ過ぎる名曲16曲。

更新日:

michelle

久しぶりに学生時代に物凄くハマっていたThee Michelle Gun Elephantの曲を聞きました。昔からファンだったということもあり、今聞いても全く色褪せることのない輝きを持っているバンドだと再認識しました。

Thee Michelle Gun Elephantは男臭くて、最近のミュージシャンと比べるとヤンキー(ひょっとしたらマイルドヤンキー)が好みそうな風貌かもしれませんが、本格派のロックンロールだと思ってます。

学生時代に友人から「GT400」のPVを見せてもらってからハマり、ライブも2回(LASTライブ含む)も行きました。

コアなファンからするとたった2回のライブ参戦かよと思われるかもしれませんが、当時学生だったのでなかなかお金面で厳しく・・(笑)

久しくロックという言葉を使ったことがないので、なんだか新鮮な感じですが、もし耳にする機会があれば、その魅力の虜になるだろうと思うので、ぜひご紹介させてください。ちなみにだいぶ以前にミッシェルガンエレファントのボーカルのチバユウスケと、ドラムのクハラカズユキが在籍しているThe Birthdayの記事はこちらですので、ご興味あれば併せてご覧ください。

日本が世界に誇れるロックバンド。異常にかっこいいThe Birthday

スカッとしたい時に聞くThebirthdayここでちょっと、ミッシェルガンエレファントのご紹介独特のしゃがれた声のチバユウスケ。がなる。われる。だれる。ミッシェルの曲はまず、これを聞こう世界の終わりジ ...

続きを見る

ミッシェルガンエレファント名曲集

ミッシェルガンエレファントの曲は殆ど好きなのですが、頻度高く再生する曲をご紹介したいと思います。

リボルバージャンキーズ

レゲエ調で始まるリボルバージャンキーズは、LIVEで見ましたが最高でした。静まり返った会場の中、普段と違ったアベフトシのレゲエ調のギターから始まったのには感動しました。ゆっくり目からアップテンポになる瞬間は最高に盛り上がりましたね。

ジェニー

この曲は盛り上がりすぎます。ライブで体験しましたが呼吸困難寸前になりました。ミッシェルのライブはオールスタンディングが基本なので、さらにみんな熱くなりすぎるのでそりゃ空気が薄くなりますよね。そんな状況でJennyが始まったら大変です。

↓の動画はラストライブの時の映像ですが、チバユウスケの楽しみ方がヤバかったのを覚えています。ラストライブはみんなが羨むA席で前から数席目だったのでステージの様子がすべて裸眼で見えました!

Jennyはフジロックバージョンも好きなんですよね。途中でThe ClashのI fought the lawを交えたりして。映像は残念ながら見つかりませんでしたが。

GT400

この曲で私はミッシェルガンエレファントを知りました。そしてこの曲に憧れて学生時代に400の黒いやつを本当に手に入れて海沿い走ってやりました(笑)

今ではスーパーゴールド免許です。バイク乗りたい。

赤毛のケリー

もうこの曲は後期のミッシェルの曲ですが、大学時代の先輩がこの曲が最高に好きだ!と言っていたのを思い出します。代々木RIOTは本当に行きたかった。無料でミッシェルが野外ライブするって本当にすごいことですよね。確か新聞で当日に告知されて実施したんだったんだよね。

今ほどネットが普及していなかったから、結構こういう情報集めるのって大変だったんだよね。ちなみにこの動画の2曲目はJennyです。

CISCO

シスコってしか言ってないんだけど、なんなんだろうかこのかっこよさは。多分ミッシェルが好きな人以外は理解されないと思います。けれどもかっこいんですよ。ライブでやられたら間違いなく酸欠になるか、圧死寸前になる。それくらい周りが騒ぎすぎる。

武蔵野エレジー

初めて聞いたのは幕張メッセでのライブ(解散ライブではなく)でした。ベースのウエノがウッドベースを構える姿が格好よかった。バンバンバーン・・・・ってついつい口ずさんでしまう曲ですよね。

世界の終わり

この曲を聞くたびに、解散ライブの時の記憶が蘇ってきます。最後にチバの声が出ていなかったり、ギターのアベのギターの弦が切れたり、そして最後に演奏が終わる前にチバがいなくなるという・・・。今ブログ記事を書いていてとても楽しくなってきました(笑)

バードメン

確かこの曲でHEY!HEY!HEY!に出たんですよね。

当時オンタイムで見ることはできませんでしたが、youtubeで見て、ミッシェルがダウンタウンと絡んだシーンはなぜかハラハラドキドキでしたね。

ダニーゴー

ウエノの軽快なベースからスタートするダニーゴー。ライブでも最後の方に演奏される曲です。ライブでこの曲が流れるともうライブも終わりの方に近づいてきているんだなと2回しかライブに行ったことがないんですけど、そう思ってました。

トカゲ

これはだいぶ初期の曲ですが、最初のギターがものすごく好きなんですよね。あと後期のミッシェルとは違った曲調なのも。

ジプシーサンディー

コレは名曲といっても過言ではないと思ってます。本当に好きな曲です。最初のギター音から何か引き込まれてしまいました。解散ライブの時にこの曲を聴いたときは本当に鳥肌が経ちました。

G.W.D

最初G.W.Dってなんの略かと思いましたけど、「がなる・われる・だれる」のイニシャルなんですよね。未だに意味はわかってはいませんが、この曲も聞くとなんだか元気が出てくるんですよね。

ドロップ

解散ライブはこの曲からスタートしました。この曲からスタートして、一気に熱気が加速したのを覚えています。そしてこの曲が終わる頃にはすでに酸欠になりそうな状況に陥ったことを思い出します。1曲目からヒートアップなんてさすが解散ライブと思いましたね(笑)

BOOGIE

結構ブギーを聞くと聞き入っちゃうというか、切なくなっちゃうことがあったような気がしますね。当時は。ミッシェルっぽいんだけどミッシェルっぽくないバラード調の曲。曲調に合わせて会場もダークなん感じがしてきますよね。

BabyPlease go home

この曲のノリは最高です。今でもノリノリになります。ミッシェルにしては珍しかったすべて英語歌詞。

エレクトリック・サーカス

この曲を聞くと今でも切なくなります。ミッシェルの最後のマキシシングル(死語?)解散発表が先だったか、エレクトリックサーカスのリリースが発表だったかは忘れましたが、Mステでの演奏や、ラストライブでこの曲が流れたときはなんで解散するんだろうね〜と真剣に思いましたね。

まとめ

青春時代に好きだったバンドのことってスラスラ記事がかけるのはどうしてなんだろうか。そして懐かしさと同時に当時のことを思い出しますね。誰しも思い出のバンドや曲ってあると思うだけど当時のことを懐かしく思い出す機会ってたまにはいいんじゃないかって思ってます。

当時の気持ちに戻ることで、さらに頑張ろうと思えるようになれば最高ですね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-music, THEE MICHELLE GUN ELEPHANT
-

Copyright© Lifery , 2017 All Rights Reserved.