人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

ヘルスケア

日焼けが及ぼす悪影響は?なぜ日焼けが悪影響を及ぼすのかを調べてみた。

更新日:

YAM85_sukitooruokinawanoumi500

ついに夏本番です。凄い頻度でゲリラ豪雨に巻き込まれていますが、夏です。日焼けの季節です。

健康的な体にするためには、ある程度日焼けをしていたほうがいいと思っている私です。

周りにはなんでそんなに体を焼きたがるのか、理解できないと言われることもありますが、ちょっと色黒の方が不健康そうな色白の人よりはいいのではないか・・?と思っています。(元から色白の方、不快に思ってしまったらすいません)

しかし、ある程度の日焼けはいいとして、松崎茂さんのような色黒差はNGです。基準がどこなのかというのは、中々明確に回答することはできませんが、適度な日焼けはしておきたいと思っている今日この頃です。

さて、先週の日曜日、今年初の海に行ってきました。

幸い雲一つない、青空。気温も30度越え。絶好の海日和でした。

11時くらいから海に入り、14時くらいまで、海で泳いだり、炎天下の元で冷たいビールを飲んだりしていました。

その結果もあり、とても日焼けをしました。

今、上半身がヒリヒリしてしかたがありません。Tシャツがちょっとすれると、飛び跳ねてしまいそうなほどです(笑)ちょっと焼きすぎたかなと後悔している反面、海に行けたという達成感の方が気持ち的には勝ってますね。

ところでこれまでの人生の中で、日焼けをしてきたわけですが、

  • 焼きすぎるとシミになるよ!
  • 逆に体に悪いよ!

と言われることがあります。日焼けがそんなに体に悪いものでしょうか。

今までも疑問に感じることがありましたが、特に調べることはしなかったのですが、改めて調べてみることにしました。

日焼けは体に悪いの?

日焼けによって皮膚がんの発生率が高まる。

日焼けというより、紫外線にたくさん浴びてしまうと皮膚がんになるよ~と耳にしたことがあります。

実際のところどうなのかを、調べてみました。

2005年の記事なので、大分古いですが、国立がんセンターの医長さんがインタビューに答えているサイトを見つけました。

そのサイトの中では、「日焼け」は「やけど」。

やけどの深さと面積によって重症度が決まる。当然深さと広さが大きいほど、深刻さが増すとのこと。

これは当然の事かもしれません。

そして、シミについても説明されていました。

シミは、太陽の紫外線から身体を守ろうとするメラニンが起こす防御反応で、この反応がどんどん積み重なることで肌は黒くなります。しかし、同時に皮膚へのダメージも積み重なり、皮膚がんの発生につながる可能性が高まります。

参考:セーフティー・ジャパン

日焼けする → シミができる → 皮膚がんの発生に繋がる可能性が高まる。

という事なんですね。ひとつ勉強になりました。

黒人は皮膚がんの発生率は少ないの?

だったら黒人は毎日強い紫外線に浴びているのに、なんで平気なの?と思いましたが、このサイトではこのように紹介されていました。

白人の皮膚がんの発生率は日本人の数十倍です。白人のすべてのがんの発生率の中で、一番多く発生しているのが皮膚がんなのです。白人の皮膚はメラニンが少なく、紫外線に対する防御機構が日本人より低いのが理由だからです。そのため白人は皆、皮膚がんに関する知識をきちんと持ち、紫外線対策を行っています。

参考:セーフティー・ジャパン

この内容からすると、黒人の方々はメラニンが多いので、白人と比べると紫外線に対する防御力が強いという事なんですね。

紫外線の浴び過ぎは、身体への悪影響を及ぼす確率が高くなりますが、適度に浴びるのは効果的のようです。

紫外線ががん予防に繋がる?

新大阪NKクリニックのコラムによると、1日10分の日光浴が大腸がんの予防に繋がると紹介されています。

行き過ぎた日焼けは、髪や皮膚へのダメージをはじめ、皮膚がんや白内障のリスクを高めるなど、健康への悪影響が心配されます。かといって全く日光を浴びない生活を送っている人は、ビタミンD欠乏症や、大腸がん発症のリスクが高まる可能性があります。紫外線が多い日中は日焼け止めを塗る程度にとどめ、全身を覆い隠すような過度の日焼け対策は、大腸がんのリスクを高める危険性があることを覚えておきましょう。

参考:新大阪NKクリニック

行き過ぎた日焼けはNGだけど、適度な紫外線を浴びるのがOKというのは何だか不思議な気もしますが、統計的なデータでそのような結果が出ているという事はある程度信憑性があるのかもしれませんね。

何事も行き過ぎは良くないという事ですね(笑

まとめ

適度な日焼けはOKのようなので、先週の日曜に焼きすぎた私はすでにNGなのでしょうか。

確かに体がヒリヒリ痛いので、軽いやけどのような症状なのかもしれません。黒くなって喜んでしまうのは考え方を改めなければいけません・・・。

あの時、カラダを焼きすぎなければよかった・・・と思わないためにもしっかりと予備知識をつけて海に行った方が、将来的なことを考えると重要なのかもしれませんね。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-ヘルスケア

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.