人生100年時代のお金と健康を考えるブログ

Life100

WordPressテーマ

ワードプレス有料高品質テーマTCDシリーズのポータルサイト型の「Dynamic」を購入してみた。

更新日:

本サイトはワードプレスにて制作しています。

もうご存知の方も多いと思いますが、ワードプレスとはフリーのCMS(コンテンツマネジメントシステム)です。

インストールするためには、レンタルサーバーを借りる必要があるのですが、それほどスキルは必要ありません。

サーバー会社で紹介されている手順に沿って作業をすれば、1時間程度で管理画面にログインができるようになります。

ワードプレスは、世界中で利用されており、高いカスタマイズ性やオリジナリティ溢れるサイト構築が可能となります。

あまりスキルがない方でも、まるでプロが作ったようなサイトが運営できます。

テンプレートは世界中のクリエイターが作ったものがあり、有料テンプレートもあれば、無料テンプレートもあります。

本サイトでは、有料の国産のポータルサイト型のテーマを用いてサイトを構築しています。

ポータルサイト運営に特化した有料テーマ「Dynamic」

数千円の投資でクオリティの高いサイトが作れる!

本サイトを運営するまで、たくさんの有料、無料のテンプレートを使ってサイトを作ってきました。

しかし、なかなか思うようなテンプレートが見当たらなく、妥協しながらサイトを運営していました。

あるとき、TCDさんという、有料のワードプレスのテンプレートを販売しているサイトを拝見し、ちょうどセールをやっていたので、思い切って購入してみました。

その時の販売価格は確か5,980円だったと思います。現在の価格は7,980円になっていますね。

ポータルサイトテーマDynamic

このテーマの素晴らしいところは、メインビジュアルの画像を設定すれば、最大で4つの画像をスライドさせることができ、そして、おすすめランキングの上位3つまで設定することができます。

管理画面でロゴの設定や、広告バナーの設定など、かゆいところに手が届く仕様になっています。

ポータルサイトテーマDynamic

そして個人的に素晴らしいと思ったのは、固定記事を1カラムの設定にできることです。

商品を紹介するとき1カラムのデザインが個人的に好むので、この機能があるということが、私個人的に購入をプッシュした要因の一つでもあります。

たくさんの機能。

TCD009Dynamicはお勧めの有料テーマだと思います

。詳しくはデモページをご覧いただければわかると思うのですが、他にもたくさんの機能があります。

サイトで紹介されている内容を一部引用をすると。

  1. 大型EC/ポータルサイト構築が可能なレイアウト
  2. メニュー数によって変化する横幅可変型グローバルメニュー
  3. ヘッダー右にグローバルメニューとは別のサブメニュー機能
  4. ダイナミックに躍動するコンテンツスライダー
  5. 広告の新鮮度を高めるローテーション表示機能
  6. 「ランキング形式」スペース
  7. フッター3列
  8. 1カラム固定ページ(+「幅が狭いVer」も)搭載
  9. パンくずリスト搭載
  10. ツイッター・Facebookアカウントが設定可能に
  11. ロゴの切り抜き、配置調整機能搭載
  12. サイトタイトルのテキスト化が可能
  13. サムネイル画像と同時に表示する独自ウィジェット「おすすめ記事」搭載
  14. 広告バナースペースを複数用意
  15. サイトカラー一括変更機能

サイドバーの左右配置入れ替え機能を搭載

これだけではなかなか分かりにくいと思いますので、詳細はぜひモページをご覧ください。

TCD「Dynamic」を用いて制作したポータルサイト

ちなみにこのテーマを用いて作成しているサイトがもう一つあります。

ニキシー管時計FAN

ニキシー管時計という少しマニアックな置時計を紹介しているサイトです。

もともとはこちらのサイトはホームページビルダーを用いて2カラムのサイトを運営していました。

しかしホームページビルダーだと自由自在にレイアウトを組むことができますが、ページボリュームが増えていくとリンクの貼り忘れなど、とても面倒な運用になっていました。

しかし、TCD[Dynamic]を用いてからは非常に楽に運営ができるようになりました。

そして、適度なごちゃごちゃ感をだせるポータルサイトが完成しました。

※現在はStinger3にテーマを変更しています。

レスポンシブテーマはまだ無いのが残念!

ワードプレスのポータルサイト型テーマ「Dynamic」は残念ながらスマホ対応はされておりません。

スマホ対応したプラグインを別途インストールする必要があり、そして、自分好みにカスタマイズする必要があります。

おそらく今度新しいテーマが販売されるころにはレスポンシブテーマ(端末に合わせ表示を最適化してくれる)にしていただきたいところですね。

そうすれば国内無敵のワードプレスのポータルサイト型テーマが完成するのではないでしょうか!!

期待を込めて。

WordPressテーマ「Dynamic (TCD009)」

追記:2013年12月にTCD009Dynamicはレスポンシブテーマにバージョンアップしました。

  • この記事を書いた人
Lucky

Lucky

都内在住のアラフォーサラリーマン。 趣味はロードバイク・旅行・居酒屋巡りなど。 将来のために、お金と健康意識を高めようと、お金や健康に関する情報をキャッチアップ中です。

-WordPressテーマ
-

Copyright© Life100 , 2019 All Rights Reserved.