購入レビュー

結露しない真空断熱のタンブラーは秀逸すぎる!普通のグラスと結露具合を比較してみた

更新日:

photo1

つい先日ネットで真空断熱のタンブラーを見て、気になっていたのですが、たまたま日用品を買いにドン・キホーテに行ったらお手頃な値段で売っていたので、衝動買いしてしまいました。

真空断熱のタンブラーが欲しくなった理由は、私は最近自宅で焼酎の水割りを飲むのですが、グラスに氷と焼酎を入れ、数分経過すると結露してしまい、グラスを置いている机が水でビタビタになってしまうのが嫌だったので、真空断熱のタンブラーは結露しないのが特徴という理由です。

しかし、そんな都合よく結露しないなんて・・・。

という疑いもありました。

なので、せっかくなので普通のグラスと、真空断熱のタンブラーに氷と焼酎と水を入れて、試してみました。

真空断熱タンブラーと普通のグラスの結露具合の比較

photo3

比較のその前に真空断熱タンブラーとは?

私が購入した真空断熱タンブラーは、ドン・キホーテのプライベートブランド「情熱価格」のものでセールだったので450mlでなんと500円でした。

凄く安かったです!

因みに真空断熱タンブラーは、真空断熱構造でできており、熱を逃がさず暖かさが持続しやすく、保温や保冷に優れているそうです。

保冷にも優れているので、氷を入れても溶けにくいので、氷の節約にもなるそうです。

unnamed

では通常のグラスと、真空断熱タンブラーを比較してみたいと思います。

氷と焼酎と水を入れて比較します。

乾いているグラスと真空断熱タンブラーに氷と焼酎と水を入れます。

数分置くので、並々とは注ぎませんでした。

photo4

グラスの方は若干濡れているように見えるかもしれませんが、まだ濡れてはいません。

ストップウォッチで計測します。

ちょうどお風呂を沸かしていたので、上記の画像のママ約30分放置しました。

photo5

別にストップウォッチの画像はいらなかったかもしれませんが、きちんと時間を測っていたんだよ・・・というアピールです。

乾いたティッシュの上に置いてみます。

お風呂に入ってさっぱりとしたところで、実際に27分経過したグラスと真空断熱タンブラーにどれだけ結露をしたのかを調査したいと思います。

テーブルに乾いたティッシュを1枚おいて、その上に、両方のグラスを置いていきます。

photo6

普通のグラスはどのようになったのか?

いつも愛用していたグラスをティッシュの上に置いてみます。

お風呂上りに上半身裸でこのグラスでお酒を飲むと水滴が肌に落ちて、飛び跳ねそうになってしまうことがほぼ毎日でした。

なので、もうグラスを見た段階で一目瞭然、結露しまくりです(笑

photo9

グラスの内部、外部両方ともに結露していますね。

グラスを持ち上げてみると・・・・

photo10

想像した通りですね。

どこまでもティッシュを持ち上げられそうです。

真空断熱タンブラーはどのようになったのか?

片方の真空断熱タンブラーを乾いたティッシュの上に置いてみます。

photo7

若干上の方は結露してますね。

しかし持つところには結露は浮いていないように見えます。

真空断熱タンブラーを持ってみるとこんな感じになりました。

photo8

グラスの後さえ残りません!

すばらしい。

真空断熱タンブラーは愛用確定です。

これで、水滴が肌にこぼれ落ちて飛び跳ねる思いや、机がビタビタにならなくて済みます。

何でもっと早くに、こんな素晴らしい商品に出会えなかったのか不思議に思います。

それだけ感度が低いということでしょうか(笑)

機能が素晴らしい商品過ぎるので、雰囲気を求める方には合わないかもしれませんが、結露が気になるのんべぇさんにはとてもおすすめできる商品です。

いろいろなメーカーさんから真空断熱タンブラーは販売されています。

値段により機能は異なるのでしょうか・・・?

プレゼントにも最適かもしれませんね!

スポンサーリンク




スポンサーリンク




-購入レビュー
-

Copyright© Lifery , 2017 All Rights Reserved.